カテゴリ:music( 5 )
Idaki Shin ピアノコンサート
b0083242_20323014.jpg


オープン時から大切にご紹介させて頂いている
アンドロメダエチオピアコーヒー。
エネルギッシュな大地の恵、誇り高き野生の豆です。

美味しい理由がもう一つ。
焙煎時間にアーティストいだきしん氏のピアノを聞いているのです。
とっても気持ち良さそうで美味しい理由に納得できます。

今回は4月15日(火)pm7:00〜東京オペラシティーで開催されます。
ピアノコンサートのチケットを店頭にて委託販売させていただける運びとなりました。

とても美しいピアノは全て即興演奏です。
今回はパイプオルガンの即興演奏もあるので何が起こるのか楽しみです。

素晴らしい場にどんどん足を運び豊かな時間を深めていく日々。

お問い合わせやチケットのご購入はご連絡ください。
皆様のご連絡お待ちしております。
[PR]
by i-coincidentally | 2008-03-27 20:35 | music
ogurusu norihide/ 「superstar」
i-coincidentally-の1周年企画「just today」でのliveも記憶に新しい、
音楽家オグルス ノリヒデの新作がBEAMS RECORDSよりリリースされました。

b0083242_16524413.jpg




>>cd / ogurusu norihide / 「superstar」
[PR]
by i-coincidentally | 2007-07-22 17:03 | music
Takagi Masakatsu "Private/Public"
open時にcdをセレクトしていて、ここ最近入荷および展開はしていま
せんでしたが、久々におすすめのタイトルがリリースされたので、これを
機会に再びcdの物販を再開します。i-coincidentally-でのセレクトの
基準は、洋服、アクセサリー、フレグランス、コーヒー、音楽...とすべて同じ、
「日々の生活を豊かにする」です。手にとって頂いた方が少しでもそう感じて
いただければと。それでは今回pick upするのは本日発売のコチラ↓

 Takagi Masakatsu "Private/Public" (cd) 2,625 円(税込)

b0083242_16375778.jpg


b0083242_1638446.jpg

b0083242_1639030.jpg

b0083242_16393559.jpg



音楽家であり、同時に映像作家でもある、”今”を代表するクリエーターの
一人、高木正勝の新作「プライベート/パブリック」は初のライブアルバム。
参加アーティスト(UA、高田漣、OLAibi、ヤドランカ... )の豪華さもさること
ながら、今回のアルバムは全て生演奏でストリングス、パーカッション、
ヴォーカルが奏でるアンサンブルは温かく優雅。彼のこれまでのエレクトニカ
というイメージを完全に超えた、1つの到達点であり、さらなる通過点となるで
あろう作品に仕上がっています。KUMON CMで使用されている美しいピアノ曲
「girls」も収録(そしてなんと楽譜も掲載)。ブックレットのデザインも素敵です。
[PR]
by i-coincidentally | 2007-05-03 16:40 | music
piano mans
こんばんは。


今日は音楽の話を少し。


9月に入りjazzやclassicをへヴィー・プレイ中のi-coincidentally-ですが、
今回はそんな秋の夜長にピッタリのオススメpiano musicを2枚紹介。


1枚目。スコットランド出身の奇才ビル・ウェルズ率いるジャズ・トリオのアルバム。
bill wells trio『also in white』

b0083242_23323378.jpg
















今年はlive盤(これも必聴!)出したり、MAHER SHALAL HASH BAZとの
共演盤出したりと、何かとリリース続いてますが。まずはコチラを是非。
ビルの奏でるピアノを中心に、jazz名盤の様な、優れた映画音楽のような、
繊細かつ哀愁あるメロディーが全体を覆う傑作2ndアルバム。
旋律は実験的ですが、メロディアスに聴かせる佇まい。コレ何度聴いた事でしょう。
決定的名曲”Presentation Piece No. 1”を収録。最近来日してたみたいです。




続いて2枚目。元ペンギン・カフェ・オーケストラで、今は亡きサイモン・ジェフス
のピアノ小品集↓
Simon Jeffes『Piano Music』

b0083242_0131943.jpg
















これは 以前紹介したGONZALES 『SOLO PIANO』が好きな人にはジャストでしょう。
唯一女性の歌声が入ってるクラシカルな冒頭1曲目から、さりげなく、美しい。
何年か前のリリースですが、最近ドビュッシーとかと一緒に聴いたりしてます。




さてさて短かい音紹介でしたが今回の2枚、気になった方は是非チェックして
みて下さい(i-coincidentally-では売ってないですが...)。それでは。










[PR]
by i-coincidentally | 2006-09-11 00:51 | music
ゴンザレス
今日は音楽について。

先日の店内写真でもお気付きの方もいらっしゃるとは思いますが。お店ではcd&recordも販売しているんですよ。量はそんなには多くはなく、しかもジャンル、新旧全く関係無しで、『音のある生活』を基準に大好きな作品をセレクトさせてもらってます。

今回紹介するのはゴンザレス2種。とはいっても全く別人のゴンザレス2枚でして。


まずはjose gonzalez(ホセ ゴンザレス)/veneer。アルゼンチンの両親を持ちスウェーデンで育ったという彼のアコースティック・ギター弾き語り集。ジャケから想像出来るであろうシンプルで冷ややかな佇まいあり、南米の血(?)のせいか情熱的&マッドな質感もあり、絶妙。ベン・ワット、ニック・ドレイクなんかが好きな人、さらには最近のフリーフォークと呼ばれるジャンルを聞いてる方にもオススメ。メロディアスな『heartbeats』という曲がお気に入り。
b0083242_1285367.jpg

続いてgonzales(ゴンザレス)/solo piano。これは個人的に去年の年間best。フェイストやジェーン・バーキン等のプロデュースやらで、近年はカルトな存在から、完全に表舞台に出てきてますが、この作品に関しては彼のこれまでの活動歴含め全く先入観はいりません。そのタイトル通り美しいピアノ・インスト集。柔らかくミュートされた音、さらにはピアノをひく指の音、までもが録音されているタイム感にニンマリ。その名も『the tourist』とういう曲がすごくお気に入り。
b0083242_2275490.jpg

今回早速新譜ではないものからの紹介でしたが(笑)、まぁこんな感じで今後も音の方pick upしていきますので、気になった方はお店の方で試聴してみて下さいね。

それでは。
[PR]
by i-coincidentally | 2006-05-02 02:42 | music